被せ物の誤解とは

皆様こんにちは!今回は被せ物の誤解についてご案内します。

よく「被せ物って作りものだから元の歯より強いのですよね?」とか「被せ物したら虫歯にはならないのですよね」と仰る方がいらっしゃいます。

これは大きな誤解です。被せ物の治療で作り物なのは、被せてある被せ物と芯棒のみで、最も重要な役割を担う土台は、「虫歯を除去してなんとか残せた患者さんご自身の天然歯」です。実は、被せ物の寿命はこの土台の耐久性次第と言えます。この土台はきっちりとケアしておかないと虫歯になります被せ物と天然歯の土台の継ぎ目の辺りは、歯茎の溝もあってプラークが溜まりやすく、虫歯ができやすい場所となります。土台の歯に虫歯が入り込んでしまった被せ物は、建物の基礎に白アリが入った状態と同じ。弱った歯が割れてしまったら抜歯になるケースがほとんどです

土台の歯に入り込んでいた虫歯は、衛生士による歯周病ケアの後に専用のミラーでしっかりと見るか、被せ物を外さないと分からないことが多いです。また、神経をとって被せていることが多いので、内側で虫歯になっていても異常を知らせるセンサー(神経)がないため痛みが出ません。よって、検診などを受けていない限り、気づかないうちに進んでしまうということになります。

土台に虫歯が出来てしまっていた場合、虫歯を取り除き、レジンを盛って土台の歯を作り直します(一般的な場合です。治療内容によっては他の方法をとる場合も有ります)。ただし、虫歯が進行してしまっていると土台を作り直すことができなくなり、抜歯となります。抜歯となってしまった場合、入れ歯か人工のインプラントということになりますが、インプラントは歯を支えている骨がしっかりしていないとできません。放置しすぎると入れ歯しか選択できなくなることもしばしば。

被せ物のお手入れはテーパー毛(先がとっても細くなっているもの)や、スポンジ状の糸のフロスがお勧めです。そして何より、歯科医院でのメンテナンスをお忘れなく!

定期的な歯のメンテナンスが、ご自身の歯を長くお使いいただける秘訣となります^^

次回もお楽しみに!

今年もよろしくお願い致します!

皆様こんにちは!新しい年が明けました。

当クリニックでは、年末に松下幸之助様の素敵な言葉で締めくくりました。

ここで引用させていただきます。

「日々是新

 年があらたまれば心もあらたまる。心があらたまればおめでたい。正月だけがめでたいのではない。心があらたまったとき、それはいつでもおめでたい。

年の始めは元日で、1日の始めは朝起きた時。年の始めがおめでたければ、朝起きた時も同じこと。毎朝、心があらたまれば、毎日がお正月。あらたまった心にはすべてのものが新しく、すべてのものがおめでたい。きのうはきのう。きょうはまたきょうの運命が開ける。毎日が新しく、毎日が門出である。

 日々是新なれば、すなわち、日々是好日。素直で謙虚で、しかも創意に富む人は、毎日が明るく、毎日が元気。さあ、みんな元気で、新しい日々を迎えよう。」

 

本日は今年初出勤。皆で診療終わりに書初めをしました。

「躍進」「日々是好日」「自己教育」「可惜身命」・・・

毎日が元日の気持ちで、励んで参ります。今年もよろしくお願い致します!

光歯科クリニック スタッフ一同