仮歯とは?

皆様こんにちは!歯の治療で「仮歯が入っています」と言われたご経験はございますか?仮歯とは人工で作った歯のことです。

今回はこの仮歯の必要性について詳しくご説明します。

 

大きく分けて、重要な3つの役割があります。

①削った歯を細菌やばい菌から守る⇒削って治療した歯は、手術後の傷と同じです。包帯のように細菌の感染やしみるなどの刺激から守ります。

②歯型を取ったあとに歯が動かないように固定する⇒歯は放っておくと自然と空いている場所に移動します。歯が動いてしまうと型をとって作った歯が合わなくなることがあります。このようなことを防ぐために、取れたらすぐにご連絡を!

③「噛める状態」を維持する⇒治療中も噛んで食べられるようにします。噛まずにいると噛む力を伝達する「歯根膜」が怠けてしまい、いざ出来上がった歯を入れた時に過剰に反応して「高い」「当たりすぎ!」と感じやすくなってしまします。これらを防ぐために仮の歯を入れます。

 

仮の歯は治療中、付けたり外したりを繰り返します。よって、強くつけすぎると歯を痛めてしまうことから、弱い専用のセメントで接着しています。取れやすいため、取れたらすぐにご連絡を!

 

仮歯の注意点

強く噛まないこと

お掃除は丁寧に:汚れが溜まりやすいため丁寧な歯磨きが必要です

フロスや楊枝は使わない:使用すると取れてしまいます

くっつくものは我慢:仮歯はプラスチックなのでおもちやグミやキャラメル・ガムなどはくっついて取れてしまします。

取れた仮歯は捨てないで!:割れたりしていなければ、再利用できます。

仮歯が入ったからといって、治療を中断しない:仮歯でも生活ができるため中断してしまう方がいます。長期の利用は虫歯の再発や歯の移動の原因となります

 

 

次回もお楽しみに!

「歯がしみる」とは

皆様こんにちは!

皆様は「歯がしみる」ということを経験されたことはございますか?衛生士をしていると歯がしみると仰る方が多数いらっしゃいます。

今回はこの原因についてご案内します。

原因として①虫歯  ②知覚過敏 があります。知覚過敏については歯を強く磨くことによって起きる歯肉の退縮、もしくは歯周病の進行により歯を支える骨が減り、それとともに歯肉が下がって歯の根の部分が露出することによって起こることが多くあります。

3番目の理由として、以前もブログに上げました「酸齲症」が挙げられます。これは歯に胃酸や酸性の飲食物が「繰り返し触れる」ことで起きる病気です。

虫歯や歯周病に続く第3の歯科疾患として注目されています。この特徴としては、酸が触れた歯面すべてに起こるため、被害が広範囲になりやすいということです

どういうときに起きるか?

①逆流性食道炎

②健康の為に黒酢を飲んでいた

③クラブ中の熱中症予防にスポーツドリンクを飲んでいた

④美容のために柑橘類をよく食べていた

ということがあります。

酸齲症を予防するためには

①酸が入ったものの飲食後は水で流す

②歯磨きは食後30分くらいに:食後すぐに歯ブラシをすると、酸で歯の硬度が下がっているため、唾液の力で硬度が戻ってからの歯ブラシをお勧めします。※ただし、すぐしないと忘れてしまわれる方は、しないよりはした方が良いという意見もあります。

③フッ素濃度の高い歯磨き粉を利用する

健康意識の高い方が進んで酸をとることによって、酸齲症のリスクは高くなってしまいますが、少しのこころがけで予防することができます。

 

次回もお楽しみに!