ヒューマンブリッジ、コンフォート義歯のご案内

皆様こんにちは!

当クリニックのホームページを更新致しました。

新しく導入致しました歯の削る量を最小限でつくれる「ヒューマンブリッジ」柔らかいクッションがあってとっても快適な「コンフォート義歯」についてご案内しております。

これらの治療は大変人気の治療となっております。

是非、ご覧くださいませ。

歯は何からできている?

皆様こんにちは!本日は歯のカルシウム分についてご案内します。

歯の表面を覆っているエナメル質は、ヒトのからだの中でもっとも硬い組織で、97%がハイドロキシアパタイトというリン酸カルシウムの一種でできています。ですから「歯はカルシウムでできている」というのは大体当たっています。

硬いハイドロアパタイトの結晶ですが、酸には弱く、虫歯菌の出す菌や酸性の食べ物により結晶内のミネラルが溶け出してしまいます。それを防いでくれるのが唾液です。唾液に含まれるカルシウムやリン酸によって、溶け出たミネラルが戻る仕組みになっています。これがいわゆる「再石灰化」でこの仕組みを支えるのがフッ素です。

しかし、再石灰化が起きても歯の表面は少しづつすり減ったり傷ついたりして歯の結晶が弱くなっていることがあります。このときいくら牛乳やチーズなど飲食物をとっても胃に入ってしまうものは歯には効きません。直接歯に働きかけるものでないと効果がないのです。そこで、カルシウム成分を配合した歯磨き粉が有効というわけです。

薬用成分として虫歯予防に有効と認められているものは「薬用ハイドロキシアパタイト」です。歯磨き粉に配合されているか確認されると良いですね。ただ、成分表示に「ハイドロキシアパタイト」と書いてあっても「ナノ」がなかったり、「薬用」の文字がないものは薬用成分ではないのでご注意ください。

この他、虫歯予防の成分としては「CPP-ACP」と呼ばれる牛乳由来の非結晶リン酸カルシウムがあります。最近では、「リン酸カルシウム」もフッ素とともに歯の結晶を強くすることが報告されています。

 

是非、お試しくださいませ。

歯茎が下がる原因とは?

皆様こんにちは!本日は加齢とともに起こる「歯茎の下がり」についてご案内します。

原因として、①歯の位置関係が影響します⇒噛み合わせが悪いと、歯に不要な力が掛かりすぎ、歯茎が薄くなる原因となります。

歯茎やあごの骨の状態⇒歯茎やあごの骨の状態も個人差があります。もともと歯茎が薄く、骨も薄い方は起こりやすいです。

強い力での歯磨き⇒歯磨きは弱いちからで軽くされても十分に汚れは取れます。力が強すぎると歯茎が下がる原因の一つになります。

噛む力の激しさ⇒噛む力が非常に強かったり、歯ぎしりやくりしばりがあると歯茎が下がる原因となります。

歯周病⇒歯周病によって歯を支えている骨が溶けてしまい、歯茎がさがる原因となります。歯周病は、進行すると歯が抜けてしまう非常に怖い病気です。

 

 

これらは状態によって治療の方法が違います。歯茎が下がると歯自身寿命にも影響します

定期的な検診にてチェックされることをお勧めします。

次回もお楽しみに!